歩こう会記録 平成22年10月~平成23年9月

 索引
平成22年10月15日 木曽川の渡船場跡を訪ねて
平成22年11月19日 川上 道の駅
平成22年12月17日 舟形はにわ・宝塚古墳散策
平成23年1月21日 玉野発電所・うぐい川
平成23年2月18日 健康都市・大府を訪ねて
平成23年3月18日 カタクリの群生地と木曽川渡し場遊歩道散策
平成23年4月1日 清洲城から旧鎌倉街道、美濃路へ
平成23年4月19日 松寿会レクレーションハイキング組 辰巳用水を訪ねて
平成23年5月22日 中仙道~里山周遊
平成23年6月3日 中仙道高宮宿とご城下彦根ウォーク
平成23年7月22日 高田本山専修寺と古い町並みの寺内町
平成23年8月19日 尾張広域緑道 八田町~庄内川堤防往復
平成23年9月16日 関刃物と円空の歴史ロマンを訪ねて


■2011年9月16日 関刃物と円空の歴史ロマンを訪ねて 
スタート/長良川鉄道関駅 ゴール/長良川鉄道関駅 約11.4km  
 天気予報によるときょうの名古屋の最高気温は31℃とのことでなんとか耐えられると判断し、9月度歩こう会を実施する。参加者は2007年2月以来の14名(左の写真で前列左より西村・吉田・成田・長谷川・平野 後列左より高畑・福田・藤川・川上・藤井・松倉・墨谷(うしろ)・小川(まえ)・村田)となる。円空館で予定外の見学をしたことと、昼食・休憩に時間がかかったため、午後は35分の遅れでスタートする。安桜山への急階段はたかだか5分程度とはいえ、からだにこたえた。汗もびっしょりかく。第2ピークでお急ぎ組5名と随行の藤井さんが関善光寺への近道を下る。本隊8名は予定のコースを歩く。とおりかがかった女性に2度までもシャッター押しをしてもらったので、これもなにかの縁と写真にはいってもらったりのハプニングあり。山を下りて、春日神社・関鍛冶伝承館・濃州関所茶屋はすっとばして、フェザーミュージアムに入館。ここで、先に山を下りていた藤井さんと合流する。香積寺・広福寺・弁慶庵・関善光寺をまわるころには、予定時刻においつき、関駅へは予定よりわずかに早く到着する。長良川鉄道に乗車して美濃太田で下車するころ、成田さん(お急ぎ組のひとり)から自宅へ帰りついたむね、連絡が入る。残りの9名はその後、予定の電車を乗り継いで春日井へ帰った。

写真番号 M××× は松倉さん撮影
  数字4桁は村田さん撮影
  数字3桁は福田撮影
316 安桜山手前の第2ピークで 通りがかりの女性にシャッター押ししてもらう
268 長良川鉄道関駅を出発 M219 永昌寺 M225 小瀬の鵜飼舟
281鮎之瀬橋 284 鮎之瀬橋 286 円空館に入る 入館料200円
5154 円空の作品 M230 円空の作品 M238 館内見学 
294 円空の墓 5161 円空の墓 297 現在の弥勒寺
5177 円空と堂々肩を並べる松倉さん 300 階段を2段あがって肩を並べる川上さん 5170 これが案内図の道?
304 円空入定塚 M274 八幡神社 310 「かつ時」で昼食・休憩
311「かつ時」出発 314 安桜山への急階段が5分続く 317 第2ピークでお急ぎ組近道を下る
318 お急ぎ組随行の藤井さん 319 安桜山山頂でさきほどの女性に
またシャッターをおしてもらう
321 「袖擦れ合うも他生の縁」と、
写真にはいってもらった
5222 ホームページアドレスを紹介 322 展望台からの絶景 5227 展望台からの絶景
5229 展望台からの絶景 327 トンネル出入口に到着 331フェザーミュージアム入館
336 弁慶庵にて案内女性にシャッター押し 337 関善光寺鐘楼 一突き50円 341予定時刻に関駅到着


■2011年8月19日 尾張広域緑道 八田町~庄内川堤防往復 
スタート/朝宮公園 ゴール/朝宮公園 約 8.8km  
 高温注意報が出るようだと困るなと思っていたら、一転して雨と雷を心配しなければならない天候になる。ところが集合場所の朝宮公園に9時30分に集まったころから、雨はあがり、無事実施することができました。先月に続き幸運に恵まれたようだ。参加者は、小川・墨谷・高畑・西村・平野・福田・藤井・松倉・村田の9氏。
 9時45分まで待ったあと、出発。尾張広域緑道に入るまでのルートは地元ガイドの藤井さんにお願いし、地図の青い線のルートをたどった。緑道に入るとさくらの緑陰が心地よい。1回の休憩を経て、予定どおり、11時に庄内川右岸堤防に到着。5分の休憩ののち、同じ道を引き返す。11時45分に、どこかで食事するところを見つける予定でいたら、またまたガイドの藤井さんが、適当な店を案内してくれる。われわれ一行9名がはいったため、満席状態。待つこと30分、食事に15分。待っている間に、10月~来年3月の予定を発表する。過去の実績と重複しないところで、歩行距離・季節・起伏などを勘案して作成したものだが、年々遠方になってくるのはいたしかたがないところとご理解いただく。大汗をかくこともなく、13時ごろ無事、朝宮公園にもどりました。おつかれさまでした。きょうは中止だろうと欠席した川上さん、延期・中止のときは必ず連絡を流しますので、よろしくお願いします。
018 庄内川右岸堤防にあがって折返し点到着
008 朝宮公園を出発 0114 鳥居松沈殿池調圧槽モニュメント 0118 緑したたるさくら並木の下をゆく
0121 休憩 012 右奥の東屋で休憩 013 休憩
0126 JR中央線「水道踏切」を渡る 0137 奥の緑が庄内川右岸堤防 015 折り返し地点に立つ説明看板 
017 折り返し地点に立つ説明看板 0144 折り返し地点に立つ説明看板 0149 庄内川右岸堤防にあがる
0152 ふたたび「水道踏切」 020 沈殿池東南かどで村田さんと別れる 021 沈殿池東南かどで村田さんと別れる


■2011年7月22日 高田本山専修寺と古い町並みの寺内町 
スタート/近鉄津駅 ゴール/近鉄津駅 約 9.6km  
 今月の歩こう会は当初15日に予定していたが、酷暑予報が出たため、1週間延期したところ、22日はびっくりするほど涼しくなり、30℃を切るなどとても無理かと思っていた淡い期待が100%叶えられた。
 参加者は、高畑、福田、松倉、長谷川、墨谷、平野、藤井の7名。行きの車中で相席した地元の人がわれわれのコースにいろいろ解説をしてくれた。さかんにわれわれのご身分をうらやましがっていた。
 専修寺(せんじゅじ)はおおきなお寺で感動する。三重県総合文化ホールも立派な建物で館内レストランでゆっくり昼食・休憩をとる。午後は偕楽公園、護国神社、密蔵院をめぐって、ほとんど予定通りの時間で歩き終えた。照りもせず降りもせずの曇りの空模様が安定し、涼しく歩くことができてほんとうによかった。おつかれさまでした。
039 昼食・休憩後、三重県総合文化センターを出発する
002 津駅スタート前 009 江戸橋のたもとで 7705 五六橋を渡る
014 伊勢木綿の老舗 臼井織布株式会社 015 常盤橋を渡って寺内町にはいる 7720 濠で囲まれた寺内町の由来をきく
7724 「一身田寺内町の館」前で、案内の職員と 7726 山門前の厚源寺の聖徳太子像 022 専修寺山門 
024 御影堂 7732 御影堂 025 唐門
7741 専修寺の蓮池 030 鐘楼 032 山門を背に松倉さん
033 マックスバリュからトンネル方向へ向う 037 三重総合文化センター到着 038 レストラン「RIZ CAFE」で食事
043 偕楽公園内、警察・消防殉職碑
046 偕楽公園内、D51-499の展示
047 偕楽公園内、D51-499の展示
昭和16年神戸の鷹取工場製 御年70歳
7791 偕楽公園内、D51-499の展示 048 偕楽公園内、D51-499の展示 050 三重県護国神社 みたま祭
051 護国神社のちょうちんを眺める 053 密蔵院にお参り
055 密蔵院にお参り、このあとすぐ津駅到着


■2011年6月3日 中山道高宮宿とご城下彦根ウォーク 
スタート/近江鉄道高宮駅 ゴール/彦根駅 約 10.0km  
今月は、気温も風も陽射しもちょうどよい絶好の日和のもと、7名が参加しました。下見をしたときの時間配分をもとにつくった特製時刻表と案内図を手に、近江鉄道高宮駅を定刻に出発。中山道高宮宿の古い町並みの風情を楽しみ、昼すぎ食事場所に予定していた四番町スクエアに到着。あまたあるレストランから決めた店の味はどうか。ややボリュームに不足ありの声があったが同感。食事のあと、向かいの湖魚佃煮の店で土産品を買う。彦根城では時間のつごうで天守閣に登るのはやめて、入場料無料の「馬屋」と「開国記念館」を見学する。佐和山の麓歩きで少し負荷がかかるが、総じて平坦な道10kmを踏破した。彦根駅からの帰りの車窓から、たった今歩いてきた「佐和山城跡」の看板を見つけ、はしゃぎつつ帰路についた。ごくろうさまでした。1年のうちで数回しかない絶好機に参加者がすくなかったのはもったいない気がしました。会員のみなさん、この日には極力用事の予定をいれないようにしましょう。
546 四番町スクエア入口にて、左より成田・吉田・西村・墨谷・小川・高畑・福田の各氏
511 高宮駅スタート 512 高宮城跡の石碑 513 人文字を描いた小学生
514 高宮寺(こうぐうじ) 515 無賃橋 517 円照寺
521 多賀大社一の鳥居前の常夜灯 523 案内地図看板を見る成田さん 527 鳥籠山唯称寺
528 石清水神社 529 石清水神社で休憩 534 バランスおもちゃに感心する小川さん
538 花しょうぶ通りに入る 539 戦国丸 543 千代神社
544 食事の後「魚幸(うおこう)でみやげ買う 548 彦根城入口でUターン 550 無料の「馬屋」見学、西村さんと小川さん
553 埋木舎(うもれぎのや)説明看板 554 外堀の水面は水草とごみだらけ
555 線路越しに龍潭寺(りょうたんじ)
557 佐和山城跡の大看板、高畑・西村・小川さん 558 大看板からの景色を見る、墨谷・高畑さん 560 湖東焼窯跡の説明看板
561 窯跡探しの間待機の成田・高畑さん 562 彦根駅到着。駅前でこれから佐和山に行く
人あり。われわれの案内地図をプレゼントする。
563 佐和山城跡の看板を電車の窓から確認

■2011年5月22日 中山道~里山周遊 
スタート/名鉄御嵩駅 ゴール/名鉄御嵩駅 約 9.5km  
天気の悪化が予測されたので、健脚コース14kmと家族コース9.5kmの2コース選択制はやめて、家族コース一本とした。
今月の歩こう会は、歩こう会会員と一般の松寿会会員との合同参加という形で実施しました。御嵩駅前の「さんさん広場」に、総勢16名が、電車・マイカーで集結。空は曇り空。やがて雨になるとの天気予報がはずれることを願って出発。「御嵩公民館」で早いトイレ休憩をとる。館長さんが親切にも「たたみの部屋で休憩もできますよ。」 といってくれる。これがあとで役にたつことになる。「和泉式部廟所」をすぎ、難所の「牛の鼻欠け坂」にかかるころから、ついに天気予報どおり雨がふりだした。つぎのポイントである「耳神社」あたりからは、本降り。雨宿りの場所を探すが、期待のバス停も「白山神社」も屋根はなく、やむなく弁当も食べずに引き返し、御嵩公民館の好意に甘えることとする。しかしその途端、小降りになったが、そのまま下山。公民館では、たたみの広間でくつろがせてもらう。好意の代償に町にお金を落とすこととしたが、見学した「商家竹屋」も「中山道みたけ館」も無料。結局、コロッケ屋さんと八百屋さんで各自なにがしかのお金を落として義理を果たし、13時50分ごろ、駅前にて解散となりました。おつかれさまでした。
 写真コメントの番号は原サイズの写真データ注文番号です。
313 御嵩駅前「さんさん広場」にて参加16名のうちの15名
314 さんさん広場出発、墨谷さん 315 御嵩宿、山端さんと塩谷さん 316 御嵩電気前を通過、成田さん
317 和泉式部廟所 318 和泉式部廟所 319 中山道をたどる
321 牛の鼻欠け坂へ向う、塩谷さん 322 牛の鼻欠け坂へ向う、松倉さん 323 牛の鼻欠け坂へ向う、平野さんご夫妻
324 「牛の鼻欠け坂」標識 325 「牛の鼻欠け坂」説明、墨谷さん 327 「牛の鼻欠け坂」説明、雨になる
329 耳神社、雨がはげしくなる 330 白山神社で雨宿りできず、
平野さんご夫妻
331 ここで引き返し、長谷川さんと山端さん
333 家族コースの帰り道の棚田 334 家族コースの帰り道の棚田 335 「319」のポイントに戻る、塩谷さん
336 「319」のポイントに戻る、雨はあがる 337 御嵩公民館で、松倉さんご夫妻、
成田さん、墨谷さん
338 井上さん、塩谷さん、錦谷さん
339 錦谷さん、川端さん、西村さん 340 小川さん、長谷川さん 341 吉田さん
342 福田 343 成田さん、墨谷さん、平野さんご夫妻、
山端さん、井上さん
344 御嵩公民館にて、平野さんご夫妻
346 御嵩公民館にて 347 御嵩宿「商家竹屋」の茶室 348 中山道みたけ館見学、
和泉式部のうた
「暗きより 暗き道にぞ 入りぬべき
 遥かに照らせ 山の端の月」


■2011年4月19日 松寿会レクレーションハイキング組 辰巳用水を訪ねて 
スタート/大道割バス停南200m地点 ゴール/兼六園駐車場 約 4.0km  
 松寿会春日井地区春のレクシーション2日目は、ゴルフ組・観光組・ハイキング組に分れての行動となり、「歩こう会」メンバーを主体とする5人は、ウォーキング組に参加する。月並み(失礼!)の観光コースではなく、地味ではあるが、国の史跡にも指定されている辰巳用水を歩くこととしました。
 バスの運転手さんと緊密な打ち合わせのもと、設定コースの起点に予定していた、どんぴしゃの地点にバスから下ろしてもらってのスタート。しかしあいにくの小雨もようで傘とカメラをもってのウォーキングとなる。 
 左の写真地点から錦町までの遊歩道が、きょうのコースのメインできっちり整備もされていてすばらしいものでした。市街地にはいってからは、加賀前田家の菩提寺である天徳院、四代藩主光高の正室(水戸徳川家のお姫様)の菩提寺である如来寺を参拝する。紫錦台中学校から金沢医療センターまでは市街地での開口部となっていて水のながれを見ることができた。
 兼六園駐車場にゴールして昼食後、兼六園を見物し、辰巳用水が園内に引き入れられているところをしっかり確認することができ、探究心をも満足させるウォーキングとなりました。

 写真コメントの番号は原サイズでのデータ注文番号です。
152 辰巳用水遊歩道スタート 後方の道路下から上流部は暗渠
730-2 辰巳用水遊歩道スタート 732-2 説明看板 155 遊歩道とさくら
738-2 遊歩道 741-2 用水とモクレン(?) 746-2 倒木被害防止の柵
762-2 カモの夫婦(?) 182 案内看板に見入る 184 錦町のここで遊歩道は終点
796-2 天徳院(珠姫のお寺)にて 193 天徳院にて 195 水戸光圀の姉上の菩提寺 如来寺
200 石引町の「天徳院下馬地蔵尊」 855-2 紫錦台中学校からの用水開口部 859-2 用水説明看板
864-2 「史跡辰巳用水」の石碑 213 うどん・そば「竹田」で治部煮定食 215 兼六園「桂口」のさくら
222 園内霞ケ池から城へ水を落とす水路遺構 225 根上松 914-2 辰巳用水を園


■2011年4月1日 清洲城から旧鎌倉街道、美濃路へ
スタート/枇杷島駅 ゴール/枇杷島駅 約 12.5km  
絶好のウォーキング日和のもと2ケ月ぶりの歩こう会を実施する。今回より西村さんがメンバーに加わる。枇杷島駅を予定の10時にスタート。4年前の4月にゴールとした城北線尾張星の宮駅を経由して、貝殻山貝塚まで迷いなしに到着。「地震だ、原発だ」と話しているうちに11時すぎ清洲城に到着する。女忍者が見学者の案内をしていて、その色香(?)に迷って、お城と大河ドラマ「江」の記念館を700円也で1時間見学することになる。予定外の時間となったが、いいものをたくさん見せてもらった。正午かっきりに再集合して、予定コースを進む。清洲公園の信長銅像を見たあと、食事する店探しをしながら歩く。ころあいの時間でとんかつ屋さんが見つかり、昼食。東北・関東大地震の義捐金募集や、来月の予定コースの説明などをおこなう。13時半、午後のコースを歩く。長谷院(ちょうごくいん)、萱津神社、旧鎌倉街道、を経て、15時前、みずとぴあ庄内の芝生広場で休憩。ここでも多彩な話題が話される。ここをスタートするとき藤井さんが置き去りになり、ご迷惑をかけました。最後に美濃路の問屋記念館を見学して、16時に枇杷島駅にゴールした。予定に遅れること1時間30分は、珍しいことだが、よく歩きよく見学した有意義なウォーキングとなりました。
20 本日の参加者11名全員と、後列左端は忍者青年  女忍者がシャッターをおしてくれる
1 枇杷島駅スタート 5 尾張星の宮駅前の観光案内 10 貝殻山貝塚 復元古代家屋
17 清洲城のサクラ 18 清洲城のサクラ 22 清洲城
27 天守閣より眺めを楽しむ川口さん 31 長谷川さん 32 山端さん
33 西村さん 37 大手橋 40 清洲公園のサクラ
46 清洲公園の信長銅像 50 「やわらかとんかつ彩」で食事する 52 長谷院(ちょうごくいん)
55 漬物の神様 萱津神社 60 旧鎌倉街道をいく 63 萱津橋を渡る
64 みずとぴあ庄内の芝生広場 66 みずとぴあ庄内の芝生広場 67 みずとぴあ庄内の芝生広場
71 みずとぴあ庄内の見学 73 美濃路 「一休庵」 74 美濃路の山端さん
76 美濃路 80 問屋記念館前の美濃路説明板 82 枇杷島駅到着


3月度歩こう会は中止しました。

■2011年3月18日 カタクリの群生地と木曽川渡し場遊歩道散策
スタート/可児駅 ゴール/美濃太田島駅 約 11.1km  
3月11日(金)に発生した東北・関東大震災の影響があまりにも甚大で、被災者の皆さまには心よりお見舞い申しあげます。このため、今回の歩こう会は中止としました。
いつの日か、このコースを歩いてみたいものです。

■2011年2月18日 健康都市・大府を訪ねて
スタート/大府駅 ゴール/大府駅 約 12.5km  
  2~3日前の天気予報では、曇りか雨になっていたが、当日になって天候変化のサイクル時間が早まり、ちょうど家を出るころには陽の光がさしてきた。今月も11名の参加での実施となる。
 大府駅に降り立つといきなりの強風で、持っているものが飛ばされそうになる。大倉山公園、桃山公園、市民体育館と予定コースを正確にたどる。あいち健康の森公園内の宝橋付近でコースはずれになる。正午前、げんきの郷に到着。予定をしていた「だんらん亭」で昼食、休憩。店の感想はたいへんよかった。ここで、4月~9月の予定を披露する。「はなまる市」では現地農家産直の野菜などを買い、13時ちょうどに出発。常福寺に寄ったあと、道を違え本日最大の大回りをする。江端公園を出るときも、方向違いがある。大府駅には、予定より30分遅れたが無事到着。
 振り返ってみると、ルートはずれのところでは、必ず複数意見がでたが、少数意見に正解が隠れていたということと、一度休憩すると方向感覚が狂うということに気づく。町中歩きでは、大きな弊害はないとはいえ、今後のために注意しよう。大府の町で気づいたことは、公共施設の石段がゆるやかで踏みしろが広くつくられているということ。いい町でした。参加のみなさんお疲れさま。
  212 江端公園、このあと公園を出る方向をまちがえる
179 11人そろって大府駅出発 180 大倉公園 182 桃山公園の風車モニュメント
183 風車モニュメントの上からの展望 184 風車モニュメントの上からの展望 185 風車モニュメントの上からの展望
188 大府市民体育館で休憩 189 大府市民体育館で休憩 190 大府市民体育館で休憩
191 大府跨線橋を越える 192 大府跨線橋を越える 194 光明山大日寺
196 正規ルートは上の宝橋を渡るところ  198 あいち健康の森公園 199 あいち健康の森公園
202 げんきの郷、はなまる市 203 げんきの郷、はなまる市 204 知多四国6番万年山常福寺
205 常福寺、背後の道が正規ルート 207 道をまちがえ大回りする 208 七社神社、正規ルートに戻る
208 景清神社、常福寺開創の平景清を祀る 215 江端大橋 218 大府駅到着

■2011年1月21日 玉野発電所・うぐい川
スタート/高蔵寺駅 ゴール/細野バス停 約 9km  
  今月は寒いながらも陽射しが暖かい寒中歩こう会となる。今月から新規入会した平野さんを迎えて、11名での実施。
 高蔵寺駅に集合して、まずは玉野発電所に向う。予定よりやや遅れて到着。美濃加茂市にある中部電力加茂電力センターからHさん・Sさんが案内のため迎えてくれた。普段は無人運転をしているそうだ。発電のしくみをたいへん興味深く説明していただき、運転中の機器を目の前にして理解を深めることができた。
 見学を終えたあとは、予定のコースを少し省略して、うぐい川沿いを遡上する。都市近郊に残る自然を楽しみながら、歩く。途中、白山神社で参拝・休憩。正午まえに、春日井市都市緑化植物園の「おおくら」に到着した。われわれが席を占めたあと、しばらくして店内は満席状態になる。ゆったりとした食事・休憩時間を過ごしたのち、バスの時刻表に合わせて、出発。車や徒歩で帰るひともいたが、大多数は細野バス停よりバスに乗車して、高蔵寺駅で解散。
 半日コースであったが、しっかり歩き、交流も知識も深めた歩こう会になったかと思われる。みなさんおつかれさまでした。中部電力のHさん・Sさんありがとうございました。
  55 玉野発電所構内にて
34 高蔵寺駅構内市民センターに集合 35 うぐい川橋 39 玉野発電所到着 説明を受ける
40 貯水槽 41 貯水槽の説明 44 発電機運転中
46 発電機の説明 49 発電機の説明 50 水車
51 説明図 54 水圧鉄管 58 左 H氏、右 S氏にお世話になる
59 井の口橋を渡ったあたり  60 井の口橋を渡ったあたり 61 井の口橋を渡ったあたり
62 井の口橋を渡ったあたり 63 棚田をいく 64 棚田をいく
66 西屋敷橋の手前あたり 67 白山神社で参拝・休憩 68 白山神社で参拝・休憩
69 白山神社で参拝・休憩 70 白山神社で参拝・休憩 73 道なき道を進む
74 道なき道を進む 75 道なき道を進む 76 月曜日に降った雪
77 大久手池堤防下の源流到着 79 大久手池 81植物園内 「おおくら」で昼食


■2010年12月17日 船形はにわ・宝塚古墳散策
スタート/近鉄松阪駅 ゴール/近鉄松阪駅 約 11.8km  
  朝の天気予報によると、一番寒い対策をして出かけてください、とのことで、左写真のように完全装備をして、松阪でのウォーキングを開始する。今月より新しく吉田さんがメンバーに入る。お天気は最高によくて、予報で注意するほどの寒さは感じなかった。駅を出発して最初の右折ポイントを早くも間違える。(帰りに本来の行きコースを逆にたどろうとしたが、それもはずれた。) きょうの目的地の宝塚古墳の出土品が展示されているという、鈴の森はずれにある「松阪市文化財センター はにわ館」を見学する。はにわに表現されたものが、当時実物としてあったとすれば、たいしたものだと感心する。阪内川の堤防の道では、橋を渡るタイミングがずれたため、ずっと右岸を歩く。正午すぎ宝塚古墳到着。はにわ館で、模型で見たものが、ここに実際に大地に横たわっているので、興味深い。昼食はパソコンで調べておいたお店を見つけることができたので、そこで、食事・休憩する。一部の人は松阪肉を期待していたが、超安くあがった。午後のコースは松阪城がメインとなる。有名な御城番屋敷(ごじょうばんやしき)にすんなりたどりつく。実際に住んでおられる人たちがいるようすに驚く。城跡の広場で撮ったのが左の写真。観光客のひとりにシャッター押をたのんだが、確認すると撮れていなかったので、三脚を使って撮影やり直しする。14時40分、駅に到着。予定より20分遅れは、「松阪市文化財センター」での見学時間を予定にいれていなかったことによる差であって、そのほかは全く予定通りの結果になる。どうもお疲れ様でした。
  399 松阪城跡 三脚を使って撮影やり直し
364 近鉄松阪駅出発 366 開運橋を渡ると少し近道になる 367 鈴の森
368 鈴の森 369 松阪市文化財センター到着 370 旧カネボウの建物がギャラリー棟に変身
372 はにわ館見学、船形はにわ 376 宝塚1号古墳模型 377 宝塚2号古墳模型
379 宝塚1号古墳造り出し模型 381 松阪市文化財センター出発 382 阪内川右岸を進む
383 阪内川右岸を進む  384 阪内川右岸を進む 385 阪内川右岸を進む
387 宝塚2号古墳到着 388 宝塚古墳説明プレート 390 宝塚1号古墳造り出し
392 中華レストラン「味浩」で昼食 393 御城番屋敷、奥の車は住民のもの 395 松阪城へ登る
396 本居宣長記念館前の植栽 397 登ってきた通路の石垣を眺める 400 松阪駅到着、時刻表チェック


■2010年11月19日 川上 道の駅
スタート/坂下駅 ゴール/坂下駅 約 12.7km  
  やや寒くなってきたからか風邪をひいたとか、用事ができたといって7人が欠席し、結局7人の参加となる。中津川から下り方面の中央線は、列車本数が少なく、帰りは15時ゴール、16時37分の中津川行きの予定でなんと90分程度の待ち時間となっていたが、がんばって歩いて約2時間ほど早い14時46分の電車に乗ることにして10時25分スタートする。正午に到達した地点で弁当を食べて、折り返すということにする。お天気がよくて、島橋を渡ったところでコートを脱いだ。見学ポイントの蔵田寺・道の駅で少し休憩したが、ちょうど正午に、当初予定の折返し点に到着した。これで乗り遅れの心配は解消する。安心して弁当を広げる。午後のコースは山すそを歩くコースで、途中、坂川鉄道廃線跡入口とおぼしきところが、線路跡にしては急坂を下る道なので、やり過ごして、ここぞというところの脇道に入ったが、これが熊の出そうな山道だった。さっきの脇道が正解とわかる。400mほど、倒木の下をくぐりぬけるなどして正規コースに合流した。松源地の里でやっと人に出会う。坂下神社手前では小学生の一団とすれちがう。14時ちょうどに坂下駅に到着した。当初予定より1時間早く、おかげでもう1本早い14時15分の電車に乗って帰路につく。みなさんの健脚ぶりは健在であった。
  280 浄光寺出発100m過ぎた地点で
259 坂下駅スタート 260 矢淵橋を渡って 262 島橋通過
263 島橋を渡った所でコート脱ぐ 266 蔵田寺 仏様のレリーフ 267 蔵田寺 由来の看板
269 橋のたもとの標高433mの水準点 270 水準点を示す看板 271 道の駅 木工品がたくさん並ぶ
272 折返し点の浄光寺 273 浄光寺由来 274 寺の境内で弁当 川口さん
275 山端さん  276 高畑さん 277 小川さんと長谷川さん
278 墨谷さん 281 阿寺断層の表示 282 やっと人に出会う
283 坂下神社 286 坂下神社 287 坂下駅ゴール


■2010年10月15日 木曽川の渡船場跡を訪ねて
スタート/木曽川駅 ゴール/尾張一宮駅 約 14.6km  
 松寿会新年度に入り、初月の10月は10人の参加となる。
 今年度より下見はできるだけ省くことにし、今回はいきなり下見なしのぶっつけ本番で歩く。したがって迷う岐路にさしかかると参加者の合議制でコースを決める。その結果は必ずしも正解とはいえず、賀茂神社のあたりで、予定コースをはずす。ちょうど急な雨に名鉄の駅舎で雨宿りするハプニングがあり、その後、若宮神社あたりでも、コースをはずしたため、わかりやすそうな木曽川左岸を歩くことに衆議一決。ゆったりした川のながれを眺めながら、安心して歩く。しかし、目的の渡船場跡というのが、どうもわからずじまいで、このあたりかと思われる場所で左の写真をとる。
 この頃より昼食場所を探しながらの歩行となるが、起銀座通りを通過するも、発見できず、その後もなかなか見つからない。メンバーのひとりが通行人にたずねて、お店を紹介してもらうと、3つほど信号を行った右側にとんかつ屋さんがあるという。ところがこれがまた相当の距離があって、尾西公園も過ぎたころにやっと発見。13時半ごろの遅い昼食となった。たくさん歩いたおかげで食事は大変おいしかった。前年度の会計報告と今年度の会費の集金をする。
 私は所用のため、尾西公園よりバスで帰ることにしたが、そのバスが遅れ、ほかのみなさんと大差ない時間で尾張一宮駅に到着したもよう。走るバスから歩くメンバーを撮ったのが、最後の写真。
  076 ここが渡船場跡?
062 木曽川駅を出発 063 野府川改修記念碑前で休憩 064 野府川改修記念碑前で休憩
066 緑道 067 立派な瓦塀の家 069 賀茂神社
072 名鉄玉の井駅で雨宿り 074猿田彦神社 078 船橋の由来説明板
081 三岸節子記念美術館 082 三岸節子記念美術館 085 とんかつ専門「しばぜん」で昼食
086 とんかつ専門「しばぜん」で昼食  087 とんかつ専門「しばぜん」で昼食 091 バス車窓より、歩こう会のメンバー